タイ旅行記 2018年8月 其の①


ドモ、gontaroです。

前回(2018年7月)に訪れたタイ旅行記が完結していないですが、
先週タイ(バンコク・パタヤ)に行ってきましたので、その旅行記を
書きたいと思います。

出発日当日、3時過ぎ頃、布団の中で携帯をチェックしてみるとLINEの
メッセージ通知が来てました。

見てみますと、前回パタヤで出会った某ゴゴバーのF嬢からです。

F嬢
How are you ?

F嬢とは、これまで時々LINEのやり取りはしておりましたが、
ここ2週間程はLINEのやり取りも途絶えておりました。

ナゼに私の包帯初日にLINEをくれるのでしょうか?
鴨が葱背負ってやって来ることに対する動物的勘が冴えているのでしょうね。

gontaro
今日、パタヤに行くんだ~~♪まだ今は日本だけど。
F嬢
Wow Really ?

いつもはLINEのレス遅いくせに、こういう時だけはレスが早いです。

F嬢
私、Tantraからお店変わったから、○○に来るナ~♡
gontaro
分かった~~、遅くなるかもだけど、今日お店遊びに行くね。
(心の中)ヘケケ、てことはTantraで新規嬢選んでもイイってことだから好都合でやんすな~♪

4時30分頃、起き出して、パンを食べて出発の最終準備をします。

上野から成田空港までは京成スカイライナーで向かいます。

するとF嬢からLINE電話が・・・(^0^;)

電車の中なので、当然出られる訳もなく、普通に無視しました。

gontaro
今、電車で移動中だから話せないからゴメンね
F嬢
OK、私のいるお店は○○だからね、近くについたら連絡してね。絶対だよ!

普段は電話なんか一度もしてきたことが無かったのに・・・(`Д´)

まぁこちらも割り切りなので、楽しく過ごせればそれで良いです。

さて、成田空港に到着です。

gontaro
一人旅って気楽で良いなぁ~♪

そそっ現地で使用するWi-Fiをレンタルしておかないとです。

今回はフォートラベルGLOBAL Wi-Fiを使用しました。
(値段も手頃でオススメです。ちょっとゴツいですけどね。)



出発まで2時間程あるので、国内の友達へのお土産にタバコ買ったり、写真
撮ったりして適当に過ごします。

免税店も飽きたので、搭乗ゲートまで移動しておきます。

旅慣れてないので、今回もTG(A350-900)です。

隣の席2つ共空いていたので快適でした。

タイ風のチキンカレーみたいなものです。毎回思いますが、エコノミーの機内食なんて
お世辞にも美味しいものとは言えないですね。

機内では「8年越しの花嫁」と「インディペンデンスデイ」観たり、ゴルフのクソゲーを
して過ごしました。

よ~やくタイ スワンナプーム国際空港に到着しました。

まぁ大体、前の人達と同じ方向に歩いて行けばなんとかなります。

この坂も2箇月振りでございます。

入国審査、預け荷物受取も無事済ませ、レンタルしてきたWi-Fiも無事繋がりました。

次は、一番心配している、パタヤへの迎えのタクシードライバーさんに無事会えるかな
という問題です。

今回はオールパタヤさんに依頼をしました。日本人経営なので安心ですね。

3番出口で待ち合わせをしておりました。

gontaro
ちゃんと会えるかなぁ~~~(^_^;)(ドキドキ)

3番出口に向かいますと、gontaroの苗字を書いたカードを持ったタイ人ドライバーさんに
無事会えました。

gontaro
あ~良かった~ちゃんと来ていてくれたんだ~~。

スムーズにスワンナプーム国際空港を出発し、パタヤへGo!です。

オールパタヤさんの車はとても綺麗で、おそらく新車でした。

パタヤへ向かう車内では、お気に入りの音楽を聴きながら、外の景色を眺めて過ごしました。

前回来た時にも感じた高揚感が蘇ってきます。

渋滞に巻き込まれることも無く、70分程でパタヤに到着です。

料金は確か1300バーツだったかな、真面目で安全運転をして下さった御礼に
チップも多めに差し上げました。

今回宿泊しました宿はこちらです。

Asana Hotel & Residence

本来であれば、前回宿泊しましたWS近くのW14ホテルにしたかったのですが、
そちらが当日満室だったので、こちらのホテルにお世話になりました。

gontaro
値段も手頃なわりに、広くて、綺麗で、次回からこちらのホテルでもいいなぁ~♪

18時30分頃チェックインしまして、早速シャワーを浴び、WS出発の準備をします。

F嬢にも到着のお知らせLINEをしておきました。

アサナホテルから徒歩でWSへ向かいます。時刻は20時少し前というところです。

gontaro
そうそうこの景色、雰囲気、また帰って来られて良かった~~(≧∀≦)

つづく